卒業できないオタクの日常


薄い本とロボットアニメが大好きなファルガイアを渡り歩く指揮官司令官隊長P先生の騎士くんの日記。
これがオタクの成れの果てやぞ。

カテゴリ: ワイルドアームズ

897f1e2a-s
WILD ARMS Advanced 3rd(ワイルドアームズ3)
その1 運命の交差目
その2 一等客室の少女
その3 車窓を蹴破って現れた少年
その4 貨物室に隠れていた不審人物
その5 機密物警護の渡り鳥
その6 世界を支える力
その7 【ひとり】から【みんな】に
その8 常闇の輝き
その9 ウワサのシュレディンガー一家
その10 荒野貫く想い
その11 俺の刻は止まった
その12 暴虐を尽くさんとするモノ
その13 進化
その14 罪の烙印
その15 想い出
その16 ホンモノの輝き
その17 お前にある、二丁拳銃の意味は何だ
その18 夢で導いてくれる少女
その19 【血】と【宿命】
その20 かつて在ったファルガイア
その21 ユグドラシルシステム
その22 生体と機体
その23 ファルガイアが綴った歴史 
その24 いつか追い付ける


このエントリーをはてなブックマークに追加

7a8abd35
 \前回のアドヴァンスド!/
星の足跡と呼ばれる場所に記されたファルガイアの綴った歴史。
ヒトとエルゥの長きに渡る大戦の果てに生まれたバスカー。
様々な出来事を経て今がある事をヴァージニア達は改めて思い知らされる。
そしてヴァージニア達の前に現れる、魔族と化したリヒャルトとジークフリード。
彼らの口から告げられた内容はファルガイアの滅亡を示唆する言葉だった。
バスカーの里に戻り、これからの事を考えるヴァージニア。
そんな時、クライヴからある場所へ行く事を提案をされたのだった。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

33d196af
\前回のアドヴァンスド!/

ナノマシンの影響から回復したヴァージニア。
調子を確かめる事も兼ね、坑道廃棄作戦の依頼を受けるのだった。
坑道を進む中、ドラゴンの化石を初めて見る事でその存在を知る。
ヴァージニアが依頼をこなす一方で魔族側にも一つの動き。
死を目前にしたリヒャルト達は、生き永らえる為に魔族化という道を選ぶのだった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

5ae20e53
\前回のアドヴァンスド!/

ユグドラシルに辿り着いたヴァージニア。
野望の為に立ちはだかるミレディ、マリク、リヒャルト、ジェイナス。
彼らを撃ち破る最中でファルガイアが荒廃した発端を知るヴァージニア。
戦いは終わったがまだ多くの謎を残したまま去っていくウェルナー。
そして窮地で戦場から離脱するも、もはや虫の息であったリヒャルト一行。
だが、そんな彼らの前に突然何者かが現れたのだった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

0bde27a5
\前回のアドヴァンスド!/

ユグドラシルを目指しニーズヘッグを進んでいく一行。
道中にてリヒャルトと対峙する中、ナノマシンを撃ち込まれ倒れるヴァージニア。
予期せぬ状況に陥るが、またもや窮地をウェルナーに救われる。
そしてウェルナーがかつて使っていたロッジで数日眠り続けるヴァージニア。
目を覚ましロッジの外に出ると、何と緑溢れるファルガイアの光景が広がっていた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

0c9344a5
\前回のアドヴァンスド!/
ヴァージニアの故郷、ブーツヒルにてユグドラシルシステムの存在を知る一行。
新しい手掛かりを探すべく村を立ち去るとうするも、またも現れるジェイナス。
交わす会話では名指しで向かう場所...とある守護獣神殿が提示されるのだった。
罠と分かりつつも守護獣神殿へ向かい、暗躍するリヒャルトと遭遇する。
しかしジェイナスの目的はリヒャルトの妨害ではなかった。
混乱に乗じアースガルズを破壊する事が本当の目的だったのだ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

b7e83f05
\前回のアドヴァンスド!/

教団から受けた依頼を終え、依頼品を届けにいくヴァージニア達。
依頼品の受け渡し中、ある調査ポイントから緊急連絡が入った。
報告の有った場所へ向かうと、そこにはマヤ達やマリクの姿が。
マリクを退け、お互いの信念からまたも衝突するヴァージニアとマヤ。
教団に戻り事の顛末を報告し、教主から聞かされる教団設立の話。
その話ではヴァージニアの故郷についても触れられていたのだった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

0129e7fa-s
\前回のアドヴァンスド!/

新たな手掛かりを求め鉱脈の次に訪れた神殿。
守護獣の力を糧に更なる脅威となったジェイナスが立ち塞がる。
銃を交えるがまたもや無力さを噛みしめる結果となってしまった。
街へ戻ると、ヴァージニア達へあるエネルギー結晶体の探索依頼が舞い込んだ。
依頼を受け向かった遺跡、探索の最中をミレディとアースガルズが強襲した。
絶体絶命の一行、その窮地をヴァージニアの父・ウェルナーが救うのだった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

6e1da0b0
\前回のアドヴァンスド!/

クライヴの提案を受けて訪れたハンフリースピーク。
新しく得た情報を整理するが謎は深まるばかりであった。
そんな折、新たな手掛かりを得る可能性を示された鉱脈と神殿。
鉱脈ではマヤ達と一戦交えた後、惑星のある事柄を確信するクライヴ。
果たしてそれは一体...

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

3d9309a7
\前回のアドヴァンスド!/

様々な研究が行われていたレイライン観測所。
そこでヴァージニアは消息不明だった父の足取りを掴む。
しかし感傷に浸る間もなく、アースガルズの襲来で窮地に追い込まれる一行。
間一髪の所をマヤ達に救われるも、旅をする事について最後の警告を受ける。
しかし様々な思惑の元、彼女達の旅は続くのだった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ